Company Information

会社概要

事業紹介

「世の中から水害をなくしたい」をスローガンに豊富な実績に裏付けされた「水を止める」技術で、世の中に存在しないオリジナル製品を開発し、その設計・製作・施工を手掛けている宇根鉄工所。浸水災害を防ぐ防災製品で全国展開しており、災害が頻発する近年は全国に市場が広がっています。そんな宇根鉄工所の誇れる事業を紹介します。

防水扉事業

防水扉は主に地下の浸水災害を防ぐ製品です。地下水没で高い水圧を受けても浸水を防げます。大都市の地下鉄・鉄道の駅舎などに導入されています。

阪神電気鉄道 福島駅防水扉
(W:4.17m × H:5.10m × 2門)

防水板事業

防水板は建物入口などに設置して、初期の浸水を防ぐ製品です。確実な止水機能で高い評価を受けており、全国のマンション、商業施設、官庁舎などに導入されています。

広島市役所 浮力式防水板
(W:15.1m × H:1.0m)

水門事業

高潮災害を防ぐ「防潮扉」など、主に港湾インフラ整備の公共事業で様々なタイプの水門を製作しています。長年の実績が裏付ける豊富な止水ノウハウで地域の安全を守ります。

宮島倒伏式防潮扉
(W:32.5m × H:1.1m)

会社概要

創業 大正5年8月21日
設立 昭和27年4月1日
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 宇根利典
建設業登録 広島県知事許可(特)34-001470 号
許可業種 土木工事業、とび・土工工事業、鋼構造物工事業、機械器具設置工事業、建具工事業、水道施設工事業

沿革

大正5年 広島市流川町にて創業、主として建築金物を製作
昭和27年 株式会社に改組
昭和29年 各種鉄骨及び船舶艤装品等の製品が主力となる
昭和32年 各種水門 ・橋梁の製作を手がけるようになる
昭和55年 志和工場(東広島市志和町冠141)を開設
平成13年 本社事務所(広島市南区宇品西3-1-53)を開設
平成15年 ISO9001認証取得
平成24年 防水板・アクアシャッターを製品化・販売を開始
志和工場を本社化、旧本社に広島営業所を開設
平成25年 東京事務所開設
平成28年 創立100周年を迎える

私たちと一緒に 命を、街を守りませんか